For your beautiful life.

商品カテゴリ一覧 > 布ナプキンの使い方と洗い方

about cotton sanitary pads 布ナプキン商品一覧
* 布ナプキンの使い方 illust
  《1日に使う枚数の目安》
量が多い日はホルダー2〜4枚、吸収パッド4〜6枚、夜用1回1セット(ホルダー+パッド)(個人差があります)
使い始めはおりものライナーや、量が少ない日や自宅で過ごすときなどから試してみると移行しやすいと思います。
  《吸水性・漏れ・においについて》
布ナプキンの中にパイル生地が経血を吸収します。
漏れ防止に量によってパッドや三つ折り布を重ねて使用します。
天然繊維とお洗濯時の経血汚れ落ちにこだわっているため防水シートは使用しておりません。
多い日はこまめに取り換えをおすすめします。
使い捨てナプキンの化学物質と経血が反応を起こしてにおいが発生するようです。
それにくらべて布ナプキンは天然繊維のため蒸れにくいこともあり、においが少ないですが長時間の使用は蒸れにもつながりますので、こまめに取り換えましょう。
  《使用上の注意》
○ご使用中にかゆみ、かぶれなど気になる症状が現れた場合は使用を停止しましょう。
○自分専用でご使用ください。

* 布ナプキンの洗い方 illust
 

ご使用前に1度洗濯機で洗ってください。綿には天然由来の油分が含まれています。
予洗いなしで使用すると、経血をはじきます。洗ってから使用したほうが、経血が生地に
吸収しやすいためです。(経血とは:月経で排出される血液のことです。)

 
➊使った後の布ナプキンは、汚れを最初にこすり洗いせず、使用後そのままで弱アルカリ系の粉せっけんや重曹を溶かした水またはぬるま湯の中にそのままつけ小型バケツや洗面器に置きします。2時間以上つけ置きすると、汚れがゆるんできます。事前にもみ洗いをすると繊維の中に汚れが入り込みシミになりやすいようです。
(経血量が多い時は1回つけ置き後に流水ですすぎ、2回つけ置きすると落ちやすいです)
42℃以上のお湯だと経血が固まって落ちにくくなります。
必ず水またはぬるま湯でお願いします。
  下  
 
➋汚れがゆるんだらそのまま水かぬるま湯でもみ洗いをして、しっかり汚れを落とします。自分から出た経血を自分で洗うことで、体調をチェックすることにもつながります。汚れが落ちきらない場合は、液体もしくは粉のせっけんを使ってしっかり汚れを落とします。 illust
  下  
 
➌よくすすいでから十分にしぼって脱水しましょう。そのままほかの洗濯物と一緒に洗濯機に入れて、仕上げ洗いもおすすめです。
※柔軟剤や漂白剤の使用は、化学的な成分が強く、生地の色や風合いを損ねる場合がありますのでご注意ください。
illust
  下  
 
➍太陽でしっかり干して、乾かしましょう。太陽の光に当てることで、日光消毒にもなります。
  《外出時について》
密封できる袋・ポーチに入れます。リサイクルのジップロックに入れてもよいでしょう。
携帯の化粧スプレーボトルに水と洗剤を入れて、使用済の布ナプキンに吹き付けてから袋に入れておくと、帰ってから経血が落ちやすいのでお洗濯が楽になります。